一歩ずつ、一歩ずつ、丁寧に歩いていくブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
害虫駆除専門家の俺がアドバイスしてやろう。
とはいえ、プロが使う薬剤や手法は素人には無理。
そこで簡単に購入・使用が出来るもので完全に近い対策を行う。



1.バルサンを焚く。
注意すべきは火を使わないタイプでは駄目だということ。
着火タイプの方が薬剤の粒子が小さく、隙間の奥まで届きやすい。



2.「網戸に虫来ない」とかいう類のスプレーを使う
とはいえ、網戸に使うんじゃない。
網戸用のスプレーは薬剤が長期間残留するように作られてるのでこれを応用する。
玄関などの扉や窓、その他隙間の周囲に吹きつける(屋外側)
扉や窓の枠を囲むように幅30cm以上でぐるりと吹きつける。
これで外から侵入できないようバリアを形成する訳だ。



3.15日後に再びバルサンを焚く
なぜかと言うと、卵には効果が無いから。
ゴキの種類によって孵化スパンは異なるが、15日ならほとんどに有効
これで卵で生き残ったゴキと新たにやってきたゴキを殺す



4.毒餌を置いておく
ただしコンバットは駄目。あれは日本のゴキに効果が薄い。
最も良いのは「ゴキブリキャップ」。無ければ市販のホウ酸主成分のものでいい。
ホウ酸は哺乳類に対する毒性が低いから、間違ってペットや野良猫が食べても大丈夫。
これを台所はもちろん、居間の角や家具の隙間にも置いておく。
そして大事なのは外まわりにも置いておくこと。
雨に濡れないとこには片っ端から置いておく。
毒餌は説明書に従って半年くらいで交換しておこう。

これだけやっておけば、ほぼ確実にゴキの姿を見ない家になるよ。
スポンサーサイト
2011.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://zarubasu.blog84.fc2.com/tb.php/11-15419bde
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。