一歩ずつ、一歩ずつ、丁寧に歩いていくブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
試験勉強してたような
幻想に取り付かれていたような
なんだろう
長い夢でも見ていたかのような


まぁ気のせいだろう、そうだろう


結局のところ何が上手で下手なのかが分からず
先輩に聞くのも教わるのもなんだか億劫で
OBさんがいたら少し引きつつも聞くのでしょう
というか、先輩のスタンスがよく分からない←
うーん、これも僕の責任。人付き合いは少々苦手なのです

OBさんの中でも、普通に接することが出来る人と
すごーく苦手な人が、これもまたハッキリと差別化されていて
僕自身がすごく面倒なんだなぁ、と思いつつ
でも、苦手なものはしょうがないと割り切り
諦観して
放置する

あぁ、悪い癖。


取り敢えずは、借りた教本を拡大コピーして
読めない楽譜は振りつつ
パチパチ丁寧に弾けるようになるまで弾くだけ
そしたら少しは理解が深まるんじゃないかなぁ

あくまで、趣味程度で進めたい
本格的に目指しているわけじゃないし
自分には経験も足りないし
きっと才能だってそれほどない
だからとりあえずは努力して
追いつけるところまで追いつこう
スポンサーサイト
2012.01.25 / Top↑
まず重要視するのは、ピアノと仲良くなること。

そもそも、何となく弾ける!ってのじゃいけないことに気づいて
がむしゃらにコードトーンばっかりやっていた。

でも、なーんかセッションでも思ったとおりに弾けなくって
結局袋小路にはまってしまう。

あ、そっか、ピアノと仲が悪いんだーって気づいたのは最近。
知識とかが足りない!ってわけでもないし、フレーズ集をやってないからとかでもなくて
単純に不仲。

上手な人ってのはやっぱり、仲が良い。
この間たまたま、石田彰さんの演奏を聴く機会があって、
あぁ、上手だなぁ、素敵だなぁって感想より
自分が弾いてる楽器じゃない、って印象が先に来て驚いた。
あんな音を出すんだ、いくらやっても出ないのに。

難しいですね、ゼロからの挑戦。
立ち止まるわけには、いきませんが。
2011.11.16 / Top↑
ピアノに関して言えば、教本を読むこと?
でも、それじゃ足りない。
人に教わるのが一番速くて確実だし、欠点も見えてくる。
とにかく、一つ一つのことを大事にしつつ、
セッションする機会があるならキチンと出ること。
じゃないと、なーんにも分からない。

個人的に思うのは、音楽なのだから、プロの音楽に浸ったり、
もっと色々な人の個性を感じ取るのが良いのでは?
参考になる、ならないじゃなくて、
本質を知るって言うか
何かしら得るものだったり、弾き方のコツだったりがあるわけで






んで、



現在色々と壁に直面しています。
驚くほど本を読む能力が低下していて、満足に教本が読めない状況も
課題点はなんでしょうか

取り敢えずはソロにウェイトを置いてみます。
バッキングは何となく雰囲気なオープンで
あとはコードトーンを
基礎事項でもあるし、指の鍛錬にもなります
何が足りないかが、薄っすらとしか見えていません。
もちろん、完全に露呈している部分は分かっています。
しかし中々改善は難しいので
少しずつ、進みましょう。

少なくとも、年を明けるまでには
もう2~3歩くらい、レベルアップしていたいですね。
2011.10.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。